©Hiroshima Institute of Technology. All Rights Reserved.

夢の実現に向けて第一歩を踏み出す 入学宣誓式が行われました

2022.04.20

このニュースは、クローズされました

穏やかに晴れ渡った4月2日、本学では令和4年度入学宣誓式を挙行しました。午前の部では工学部と大学院工学系研究科、午後の部では情報学部・環境学部・生命学部に入学する学生が参加。学部生1091人、院生50人の計1141人が新たな一歩を踏み出しました。

キャンパス内の桜も満開になり、絶好の入学宣誓式日和となった

キャンパス内の桜も満開になり、絶好の入学宣誓式日和となった

午前の部・午後の部の2部構成で実施

午前の部・午後の部の2部構成で実施

式典は国歌のピアノ演奏からはじまり、入学許可宣言、学長式辞、総長式辞と粛々と執り行われました。長坂学長の式辞では、本学の建学の精神「教育は愛なり」、教育方針「常に神と共に歩み社会に奉仕する」の2つの教育理念について言及。鶴総長は見えない未来を切り拓く技術者を育成する本学の教育プログラムの柱である「専門力」「人間力」「社会実践力」を例に、大学生活の過ごし方を教示しました。

「自分の殻を破って挑戦し、1歩ずつ前に進むことを心掛けてほしい」と長坂学長

「自分の殻を破って挑戦し、1歩ずつ前に進むことを心掛けてほしい」と長坂学長

鶴総長は「体験を積むことで社会実践力は磨かれます。在学中はさまざまなことに挑戦してほしい」と話す

鶴総長は「体験を積むことで社会実践力は磨かれます。在学中はさまざまなことに挑戦してほしい」と話す

今年度の入学宣誓式は3年ぶりにご家族の方も人数制限なく参列いただき、吹奏楽部による生演奏を取り入れるなどコロナ禍以前の本来のスタイルも取り入れました。また、午前・午後の入れ替え時には消毒をし、来校が叶わなかったご家族に向けてLIVE配信も行うなどwithコロナの新しいスタイルを確立しました。本学では今年度は新しいスタイルを模索しながら学校行事を行い、充実した学生生活を送れるようサポートしていきます。

建築士を目指して建築工学科に入学した木村さんと佐々木さん(共に広島県立高陽東高等学校出身/広島県)。これからの学生生活を楽しみにしている

建築士を目指して建築工学科に入学した木村さんと佐々木さん(共に広島県立高陽東高等学校出身/広島県)。これからの学生生活を楽しみにしている

古民家再生に興味があるという森田さん(島根県立島根中央高等学校出身/島根県)「大学で多くの人と関わり成長したい」と話す

古民家再生に興味があるという森田さん(島根県立島根中央高等学校出身/島根県)「大学で多くの人と関わり成長したい」と話す

趣味はギターという小山さん(香川県立観音寺総合高等学校出身/香川県)と田平さん(広島県立高陽東高等学校出身/広島県)。音楽系のサークルに興味があるそう

趣味はギターという小山さん(香川県立観音寺総合高等学校出身/香川県)と田平さん(広島県立高陽東高等学校出身/広島県)。音楽系のサークルに興味があるそう

高原さん(安田女子中学高等学校出身/広島県)は「英語の勉強を続けたい」と話し、学内の行事等にも参加したいと意欲をみせた

高原さん(安田女子中学高等学校出身/広島県)は「英語の勉強を続けたい」と話し、学内の行事等にも参加したいと意欲をみせた

新入生の皆さま、改めてご入学おめでとうございます。
1日でも早く大学に慣れ、一人ひとりの夢を実現するために教職員一同サポートしてまいります。

※新型コロナウイルス感染症対策を講じ、取材・撮影を行っています。