国土交通省 中国地方整備局と意見交換会を開催しました

2020.10.30

このニュースは、クローズされました

広島工業大学と中国地方整備局は、地域社会の発展に寄与するため、包括的連携・協力に関する協定を結んでいます。
その協定のもと、本学で行っている研究の紹介や中国地方整備局が抱える課題等を共有する意見交換会を行っています。
今回は、10月9日に本学スカイテリアで行われた意見交換会をご紹介します。

開会の挨拶を行う、長坂康史学長

開会の挨拶を行う、長坂康史学長

挨拶を行う中国地方整備局 小平 卓局長

挨拶を行う中国地方整備局 小平 卓局長

本学からは研究体制の紹介、関係学科の研究内容の紹介そして、2件の研究シーズの説明を行いました。
中国地方整備局からは取り組みの紹介と共に、今後取り組む重点課題として「防災・減災」「長寿命化・インフラメンテナンス」「i-Constructionの推進」についての説明がありました。

「防災・減災」では近年局地的豪雨も多く、急激な川の増水が災害につながっていることから、水位変化の管理に情報技術を取り入れるのはもちろんのこと、一般家庭でも活用できるように安価な方法を確立していきたいと述べられました。

今後も、中国地方整備局と協力し安全・安心な生活ができる街づくりに貢献していきます。

意見交換の様子①

意見交換の様子①

意見交換の様子②

意見交換の様子②